新しいホームページ

ときどき神主ブログ - 西日本新聞さんに夏越の大祓、茅の輪くぐりを掲載いただきました

西日本新聞さんに夏越の大祓、茅の輪くぐりを掲載いただきました

カテゴリ : 
祭典
執筆 : 
office 2011/7/1 14:58

昨日(6月30日)、櫛原天満宮にて、夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)と、茅の輪くぐりの神事を斎行しました。

 

今日の西日本新聞朝刊、筑後版にその様子を掲載していただきました。

ありがとうございます。

 

なお、茅の輪は7月3日頃までは置いていますので、みなさんどうぞくぐってくださいね。

インターネット版
健康願い茅の輪くぐり 久留米市の櫛原天満宮http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/251256

 久留米市東櫛原町の櫛原天満宮で30日、「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」があり、参拝者は「茅(ち)の輪」をくぐって無病息災を祈願した。

 

 茅の輪は、カヤを編んだ直径約2メートルの輪で、中を8の字で3回くぐると身が清められ、夏の疫病や災難を追い払うと言い伝えられている。

 

 参拝者16人は、「水無月(みなつき)の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」と和歌を唱えながら左、右、左回りと神妙な面持ちで輪を次々とくぐっていた。茅の輪は3日ごろまで置かれるという。

 

 熊懐(くまだき)隆三宮司は「茅の輪をくぐって暑い夏を乗り越え、後の半年を新たな気持ちで迎えてもらいたい」と話していた。

 

=2011/07/01付 西日本新聞朝刊=
 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18307)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://kushihara.net/modules/d3blog/tb.php/463

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧






















検索
ご連絡

TEL:0942-80-8000
FAX:0942-80-8009

ネットでの申し込み

テーマ選択
screenshot

(1 テーマ)

ブログ カレンダー
« « 2020 2月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ一覧