ときどき神主ブログ - 伐った竹が枯れないように長持ちさせるには。実験。

伐った竹が枯れないように長持ちさせるには。実験。

カテゴリ : 
自然
執筆 : 
office 2012/6/24 17:30

地鎮祭などで、竹を使いますが、竹は水揚げ(生け花などで花が長持ちするようにすること)が難しく、すぐ葉がクルッとなってしまい、見た目がよろしくなく、そして枯れてしまいます。

特に夏は枯れやすく、地鎮祭前日に準備していた竹が、もうヨレヨレ!ってこともあります。

 

天気予報だと昨夜からずっと雨。

では実験、ということで、昨日の朝伐って地鎮祭に使い、持って帰ってきた、葉っぱが元気なさそうな竹を雨にさらしてみることにしました。

水道で数回シャワーを浴びせるのダメでしたので、翌朝に期待。

ちなみにこれは四方竹(しほうちく)という竹。緑がキレイです。

 

 

一夜明け、するとまぁ、ここに生えているかのごとく、生き生きとした葉に復活していました。

葉っぱに水をかけておいたり、シートでくるんだり、いろいろやってみましたが、これが一番良さそうです。

 

以前、自宅の前の小川に、そのままドボンと枝葉ごとつけておくと、結構長持ちしていたことがあり、今回雨が降り続きそうだったので今回試してみました。

 

あと問題は、晴れてすぐ枯れないか? です。

 

まぁ、そういうわけで参道横に竹を置いているに過ぎませんので。

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16490)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kushihara.net/modules/d3blog/tb.php/628

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧






















検索
ご連絡

TEL:0942-80-8000
FAX:0942-80-8009

ネットでの申し込み

テーマ選択
screenshot

(1 テーマ)

ブログ カレンダー
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧