トップ  >  神社の祭り  >  直会の意義について教えてください
「直会」とは、神さまに供えた御神酒や神饌を祭典終了後に下げて、これを祭典に関わった者たちで共にいただくことをいいます。 神さまに供えたものをいただくことは、つまり神さまの御霊のこもったものをいただくことになるのです。 祭典の奉仕をする者は、その準備段階として、まず潔斎をして心身の清浄につとめます。 したがって、この間(準備段階から祭典終了時まで)は、平常とは違った特別の状態になります。 そこで、その特別な状態を解きほぐし、平常の状態に戻すための手だてとして、祭典終了後の直会が必要となるわけです。 直会の語源は「直り合い」をつづめたものといわれていますが、この場合の「直る」とは、平常の状態に戻ることを意味すると考えられます。 このように、直会とは祭典の締めくくりとして、大切な意義を有する事柄なのです。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:136 平均点:6.10
前
祭典中に神職が「オー」という声を発するのは何のためですか
カテゴリートップ
神社の祭り