トップ  >  家庭祭祀  >  家庭でお神札をお祀りするとき、どんな祭器具が必要ですか

「榊立て」は榊を立てて神さまにおあげするためのもので、神棚の左右に置くために一対用意します。
「瓶子(へいし)」は蓋つきの器で、これには酒を入れます。 これも一対用意します。
「平瓮(ひらか)(土器(かわらけ)ともいう)」は米や塩などを盛るための器で、大小さまざまの種類があります。
「水器(すいき)」は水を入れるための器です。

これらの他に、常に神前を明るくするために「神灯」も一対用意します。 神灯は、神社に灯籠があるのと同じ意味合いで、神棚にも灯すわけです。 種類や大きさはさまざまですが、最近では電灯式のものが多く見られます。

以上の祭器具は、どれも神具店などで求めることができます。 求める際には、神棚に合った大きさのものを選ぶように注意して下さい。

神棚、神具のネットでのご購入はこちら

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:244 平均点:5.98
前
神饌(しんせん)の供え方について教えてください
カテゴリートップ
家庭祭祀
次
家庭における神拝(しんぱい)作法を教えてください