トップ  >  人生儀礼  >  お食い初めは生後何日目にするのですか
一生食ぺ物に不自由しないようにとの願いを込め、誕生した子どもに初めて食べ物を与える(真似をする)儀式を「お食い初め」といいます。 地方により多少違いがあるようですが、生後百日目または百二十日目に行います。 この頃になると、子どもにも歯が生え始めることから、その成長を祝う意味もあるのです。 この日には、新しい茶碗や汁碗、そして皿などを用意し、そこに赤飯と尾頭付きの魚、そして歯が石のように丈夫で堅くなるようにとの願いから小石が添えられることもあります。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:334 平均点:5.63
前
初宮詣は生後何日目にするのですか
カテゴリートップ
人生儀礼
次
初節句には何をしたらいいのですか