国道322号線(旧210号線 久留米~大分間)に接している鳥居をくぐり、境内にはいるとすぐに石橋があります。
この石橋は、久留米市の有形文化財に指定されています。

 

平成12年1月24日市指定

 寛延2年(1749)、久留米藩7代有馬頼よりゆきによって創建された五穀神社の池にかけられた石造反橋(そりばし)である。
 この神社は藩営に近いものであり、神社神殿を大庄屋中、拝殿は総郡中から寄進を命じている。この例にもれず、この石橋も文化3年(1806)に総郡中からの寄進によるものである。
長野石(八女市長野で切り出される阿蘇凝灰岩)が使用され、同所の石工たちによって築かれ、筑後地方の石橋架橋技術を示し、貴重である。

 
五穀神社は最盛期、神殿と神宮寺円通寺ほか阿弥陀堂・地蔵堂・観音堂などの諸堂があった。明治2年(1869)神仏分離により円通寺が廃寺になり、五穀神社のみになっており、盛時を復元するのに貴重な建造物である。

久留米市教育委員会

 

石橋の写真リンク
風格のある五穀神社の石橋」 by がばちょさんのブログ「風景と古い町並みなどの写真館

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:335 平均点:7.37
前
五穀神社と東芝
カテゴリートップ
五穀神社をもっと詳しく
次
五穀神社の久留米の偉人