Re: 久留米荘 久留米にゴボ天って昔からあったのかな?

対象モジュール ときどき神主ブログ
件名 久留米荘 久留米にゴボ天って昔からあったのかな?
要旨   先日、懇意にさせていただいている、みやま市の下庄八幡神社の外河宮司さんが、ご来社されまして、日本テレビ系列の「秘密のケンミンSHOW」で、福岡はゴボ天うどん! とやっ...

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 久留米荘 久留米にゴボ天って昔からあったのかな?

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/8/16 12:49
pirolin 
五穀神社懐かしいです。境内の幼稚園に通っておりました(笑)
久留米にゴボ天は無かった、が正しいと思います。

久留米荘にゴボ天が登場したのは20年位前じゃないですかね。
久留米荘と言えば丸天うどんですが、昔はその丸天すらありませんでした。
小さい頃の記憶ですが、元々久留米荘には素うどんしかありませんでした。メニュー上は「うどん」だけです。
近所に持ち帰りのてんぷら屋さんがあって、そこで丸天買って久留米荘に持ち込んで、うどんに乗せて食べるのが通の食べ方だったと思います。
そのうち久留米荘がそのてんぷら屋の丸天を店内に置くようになって「丸天うどん」というメニューが生まれたと思います。

すうどんだけ、と言うのがうどん屋の基本形です。

店で天麩羅を揚げるようになったのは蕎麦屋の影響です。
博多は港町で蕎麦屋もそこそこあるんで、蕎麦屋の天麩羅を博多のうどん屋が取り入れたのがゴボ天うどんじゃないかと思います。
それが地方にも広まったと。

ちなみに久留米でも古株の三九郎には初期からごぼう天などの天麩羅うどんがあってびっくりした覚えがあります。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ