トップ  >  家庭祭祀  >  古いお神札とお守りはどうしたらいいのでしょう

一年間、一家の人々をお守りいただいた古いお神札やお守りは、粗末にならないように神社へ納めます(神社によっては、境内に「古札納所(こさつおさめしょ)」を設けている所もあるので、その場合はそこへ納めます)。 納める先の神社は、できるだけお神札やお守りを受けた神社が望ましいとされています。 しかし、旅行先など遠隔地でいただいてきた場合には、たとえ違う神社のものであっても、近くの神社へ納めて差し支えありません。 ただし、神社で祈祷を受けた際にいただいたお神札は、心願成就するまでお祀りしてもかまいませんが、成就のあとはその神社へお礼のお参りをして、お神札を納めるとよいでしょう。 神社に集められた古いお神札やお守りは、浄火によって焼納(お焚き上げ:おたきあげ)します。 地方によっては、一月十五日の小正月に行われる「左義長(さぎちょう)」や「どんど焼」の神事で、松飾りや注連縄(しめなわ)と共に焼納する神社もあります。 神棚、神具のネットでのご購入はこちら

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:160 平均点:6.00
前
いろいろなお神札を一緒にお祀りすると神さま同士が喧嘩(けんか)しませんか
カテゴリートップ
家庭祭祀
次
神棚がない場合、お神札はどのようにお祀りするのですか