トップ  >  神社の施設  >  狛犬(こまいぬ)は外来のものと聞きましたが本当ですか
「狛犬」は「高麗犬」「胡麻太」とも書き、神社の入り口や拝殿の前などに置かれている一対の獣形像のことをいいます。 狛犬の原形はオリエント、インドにおけるライオン像で、それが中国大陸そして朝鮮半鳥を経て渡来しました。 沖縄県では「シーザー」といわれる獅子が、各家の屋根に魔除(まよけ)として置かれていますが、神社の狛犬も同様に、守護と魔除のために置かれています。 一般的に狛犬は、二匹で一対(いっつい)になっていて、一方は口を開け、一方は口を閉じ「阿吽(あうん)」を表しています。 しかし、一対とも口を開けていたり、閉じていたり、後ろ足で立っていたりする狛犬もあり、その形は実に多様です。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:122 平均点:5.66
前
注連縄(しめなわ)を張られた木には何か特別な意味があるのですか
カテゴリートップ
神社の施設
次
随神(ずいじん)さまについて教えてください