トップ  >  神社の施設  >  燈籠(とうろう)にはどんな種類がありますか
「燈籠」は奈良時代の初めに百済から伝来したもので、神社のみならず寺院にもあります。 いずれも、神仏への献灯を目的としてたてられ、灯火を灯すことによって、神仏のご加護をより一層強く祈るためと考えられます。 石燈籠・金燈籠,台燈龍・釣り燈籠など、材料や形によってさまざまな種類があり、また時代によっても異なります。 一般的に屋外には石燈籠を、廻廊(かいろう)には金属製の釣り燈籠が並べられることが多いようです。 春日大社(奈良)の万燈籠(まんとうろう)のように、神社によっては数多くの燈龍がたてられていることがありますが、これらの中には、祈願が成就したお礼に奉納されたものも数多くあります。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:180 平均点:5.11
前
参道(さんどう)を通るときの心得について教えてください
カテゴリートップ
神社の施設
次
注連縄(しめなわ)を張られた木には何か特別な意味があるのですか