トップ  >  参拝と祈祷  >  のし袋の表書きはどのようにしたらいいですか

神社で家内安全や厄除、初宮、七五三などの祈祷を受ける際には、幣帛(へいはく:神さまに奉献する物)の代わりとして金銭をお供えします。
その金銭を、のし袋に入れてお供えする場合には、その袋の表に「初穂料」と書くとよいでしょう。

ちなみに初穂(はつほ)料とは、その年に初めて収穫された稲穂を、神さまにお供えしていた故事によります。 その稲穂の代わりとして神さまにお供えする金銭のことを、初穂料というようになりました。

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:472 平均点:6.53
前
神さまを拝むときに拍手(かしわで)をうつのはなぜですか
カテゴリートップ
参拝と祈祷
次
修祓(しゅばつ)は何のために行うのですか